下半身だけ落ちない、太ももの張りやお尻の広がりが気になる方

朝霞台、北朝霞徒歩1分の隠れ家サロン。

あさか小顔美SHI整 沼です。

この間、富士見市から来られたお客様で、上半身は運動すると落ちてくるんだけど、なかなか下半身だけやせない。

常に、太ももが張って、お尻がさがって、横の広がりが気になる、と言われる方がいらっしゃいました。

もしかしたらそれは骨盤、股関節の歪みが原因かもしれません。

骨盤が歪み、広がってくると大げさに言うと骨盤がグラグラしてきて立ちづらくなってきます。

立ちづらくなってくるので脚を閉じて立つことができづらくなりますよね。

そうすると、立つときにバランスをとろうとするので脚を広げてたつようになります。

脚を広げてたつと、どうしても外に重心がかかるので外腿が張りやすくなってきます。

骨盤と太ももの骨をつないでいる股関節も外に広がりやすくなってきてしまうのです。

腿の外側を触ったときにポコッと出ている骨が気になる、という方は多いと思います。

これが太ももの骨で大転子という部分です。

骨盤が歪み、股関節が広がってこの大転子が外に張り出してきてしまいます。

そうするとそれに伴って、お尻が外に広がったり、下がったり、脚のラインまでねじれてきてO脚、XO脚になる原因になってしまいます。

どうしても構造上、股関節から太腿の骨は外側についているので普通に立っているだけで外に重心は行きやすいのです。

なので立つときの注意点。

お尻をしめて立つこと。

普段からそれが意識できると、骨盤、股関節が広がりにくくなります。

骨盤底筋はご存知でしょうか?

骨盤の底にあり、子宮や膀胱を支え、尿道や膣を引き締める役割をしています。

ここにも作用してきます。

骨盤底筋群を鍛えるとお腹、背中、太ももに力が入りやすくなり、体に軸ができて骨盤の歪みも整います。

腹圧が上がってきますし、下腹部のぽっこりお腹、背すじが伸びて姿勢が改善しやすくなり、胸を自然に張れてバストアップします。

女性ホルモンのバランスが整えられたり、生理不順の改善などにもつながります。

そして、ヒップアップにも効果的で、小尻になりますよ。

歪みが出づらくなってきます。

この間も言いましたがお尻をしめて立つ。

やはりこれは重要です。

骨盤底筋群の鍛え方などもほかにありますが、普段の生活の中でまずはお尻、特に肛門を意識してみてください。

毎月5名様限定で、初回5400円でご案内しておりますので是非お試しください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc4-%e3%83%94%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%bc

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です