美しい姿勢で座ることができると首の動きがよくなります。

朝霞台、北朝霞駅徒歩1分。朝霞市以外にも志木市、和光市、新座市からも来て頂いております。

あさか小顔美SHI整 沼です。

パソコンにずっと向かってお仕事をしているデスクワークの方、

スマホをずっと下を向いてやってしまう方、多いと思います。

この座っているときの悪い姿勢ですが、

通常ですと、首は体重の10パーセント~15パーセントある頭を支えています。

これが前かがみになり首が傾き、悪い姿勢になると、物理学上、この負荷が数倍になります。

そうすると、頭を支えている首、そして首から肩についている筋肉が頑張って支えようとするので首肩の凝りが出てきてしまいます。

首の骨は頸椎といい、椎骨と呼ばれる7つの骨が連なってできているのですが、悪い姿勢でいるとその椎骨がずれ、

ストレートネックになったり、ひどくなると椎骨の中を通っている神経を圧迫し、

手足にしびれが出る可能性もあります。

いつもの習慣がここにつながっているのです。

いつもの習慣を少しずつ変えませんか?

仕事でどうしてもパソコンを使う。

という方も多いと思います。

それは仕方がありません。

でも毎日使うのなら毎日そのパソコンを使うときの座り方を変えてみたらどうでしょうか?

その座り方に合わせて、パソコンの位置、キーボードの位置を変えてみたらどうでしょうか?

少しのことを習慣にしてしまえば、首の負担を抑えることにつながってきます。

毎日の積み重ねが、その首肩の負担になっているとしたら、積み重ねを変えてしまえばいいのです。

座り方でどれだけ首の動きが変わるかちょっと実験してみましょう。

まず、分かってはいるけど、駄目だろうな~という姿勢で座ってみてください。

それで首をひねってみましょう。

右、左といけるところまで動かしてみてください。

決して無理はしないでくださいね。

後ろがどの辺まで見えるか覚えておいてください。

そしたら一度立って頂きます。

では今度は椅子に座る前に、まず上を向きます。

だいたい斜め45度くらい。

その角度のまま、口を一回軽くあけてから、顎だけ前に突き出します。

ぐっと顎下が伸びているのを感じると思いますので、そのまま上を向いて顎下を突き出したまま、ゆっくりゆっくり座ってみましょう。

バタンと座らず、少しお尻を突き出す意識で座れるとバランスがとれると思います。

ゆっくりゆっくりですよ。

座れましたかね。

そしたら、座った状態でまた首を右、左と動かしてみてください。

さっきより可動域が増えていませんか?

どうでしょうか?

さっきよりは動かしやすくなっているかと思います。

それだけ首の関節に負担がかからないで座ることができているからです。

首の骨だけではありません。

背骨全体の関節の動きがよくなっています。

背骨は横からみるとS字をしているのですが、このS字になっているときが一番背骨の関節の動きがいい状態です。

だらんと姿勢が悪い状態だと丸まってしまって可動域が制限されてしまうんです。

先ほどの座り方ができると、骨盤がしっかり立ち、きれいにS字ラインができます。

なので首の動きが劇的に動くようになるのです。

この美姿勢な座り方で、パソコンの位置を首が下を向かない位置にもってきてみましょう

キーボードもその位置に持ってきてみましょう。

そうすることであまり負担のかからない姿勢でずっといることができます。

また悪い姿勢になってきたら、もう一度立って美姿勢にするだけです。

そして小顔効果もあります。

しっかりアゴを引いて座れるので、遠近法でお顔も小さく見えます。

下を向いていると顎下にお肉おつきやすくなりますので、それも防げます。

二重顎など気になる方、もしかしたら座り方が悪くなっているかもしれません。

分かってはいるけど・・・

そう思うかもしれませんが、習慣にしてしまいましょう。

座るときは上をむいて顎を突き出して座る。

その座り方を続けていくだけで、首、そして背骨の動きに制限がかからなくなってきて、

下を向かなくなってくるので、首肩の辛くなりにくくなってきますよ。

是非試してみてください。

毎月5名様限定で、初回価格でご案内しておりますので是非お試しください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc4-%e3%83%94%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%bc

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です