気圧や、気温の変化は自律神経に影響してきます。

あさか小顔美SHI整 沼です。

最近台風が多いですね。

台風の気圧の変化で自律神経が乱れることはご存知でしょうか?

自律神経には「交感神経優位」の状態と「副交感神経優位」の状態とがあります。

交感神経とは簡単に言えば、働く神経。

エネルギーが活性化し、活動している状態です。

血圧や心拍が上昇し、精神が興奮している状態。

そして分泌、排泄機能は低下します。

副交感神経はその逆です。

休む神経。

エネルギー蓄積、蓄えているような状態になります。

気圧が高く、天気が良いときは交感神経が優位に働きます。

逆に雨、曇りなど天気の悪い日は副交感神経が優位に働きます。

本来は、自律神経はちょうど同じくらいの優位性を保てないといけないのですが、台風の時は副交感神経が高まりすぎて、だるさが出たりするのです。

最近はめまいがするというお客様も来られました。

これも副交感神経が優位になりすぎていることが考えられると思います。

気分があまり乗らないときは、思い切り気分が乗るようなことを考えたり、行動したりする。

脳からだましてみてもいいかもしれません。

気温差も結構ありますよね。

体温調整をしているのも自律神経で、一定の温度を保とうとしています。

急な気温の変化は自律神経の乱れにつながります。

少し寒くなってきたら、一枚多くはおるとか、半袖だったのを早めに長袖にして寝るようにするとか。

ちょっと気を付けるようにするだけでも違ってくると思います。

季節の変わり目に風邪をひきやすい方は自律神経から乱れていることが多いです。

しっかり体調を整えていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です