巻き肩は改善できますか?

そんな質問を受けることがあります。

いきなり答えから言いますと、改善できます。

施術により改善することもできますし、こまめにセルフケアをしたり、生活習慣を改善し、意識して頂くと改善することができます。

近年、スマホやパソコンの影響から巻き肩になる方が増えています。

これは巻き肩になる原因が姿勢の悪さが関わっているということです。

巻き肩になっている方の特徴があります。

鏡の前で肩の力を抜いて立ってみてください。

この時に手の甲が前を向いてしまっていませんか?

その場合は巻き肩になってしまっている可能性が高いです。

巻き肩になると肩周辺の血流が悪くなり、背中の贅肉がつきやすくなったり、胸の位置が下がってきたりすることもあります。

明らかに見た目がきれいではなくなってしまうのです。

そして見た目だけではなく、首や肩のこり、腰痛、頭痛、目の疲れ、むくみ、冷えなどの原因にもなったりします。

さらには呼吸が浅くなり、内臓の働きも悪くなり、メンタル面にも影響が出てくることもあります。

心と身体はつながっているので、姿勢が悪くなってくると心も落ち込みがちになってくるのです。

簡単にできる改善方法としては

できるだけ意識して手の甲を前に向けないようにすることです。

私はなるべくなら手のひらを前に向けてしまうくらいで立ったり歩いたりすることをお勧めしています。

巻き肩になっている方は意外と手のひらを前にするだけでもきつかったりします。

巻き肩は大胸筋という胸の筋肉が縮まってしまっている状態ですので手のひらを前にむけることで縮まった大胸筋が少し開いてくるのです。

だから少しきついというわけです。

大胸筋を緩めて巻き肩を改善させる簡単な方法としては

手のひらを前に向けて大きく吸って吐きます。

吐いた時に力を一気に抜き、手のひらはできるだけ外に向けたまま手のひらをキラキラさせます。

これだけでも少し大胸筋が緩み巻き肩が改善してきますのでやってみて下さい。

動画完成次第、こちらにアップしようと思っていますのでお楽しみに。

やると少し呼吸も深くなった感覚もわかるかもしれません。

スマホなどを見るときもできるだけ下を向かずに目線の位置まで持ってきて操作することをお勧めします。

普段の姿勢、意識してみてくださいね。

あさか小顔美SHI整では簡単なセルフケアや普段の姿勢の取りかたなどもお伝えしています。

初回のご予約はこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です